アジアに暮らす少数民族の手仕事を次世代に継承する

ターイ族雑貨

ターイ(Thai)族は11世紀頃に中国南西部からベトナム北西部に移住を始め、山間に村落を形成して生活しています。ターイ族には黒ターイ族と白ターイ族の2つのグループがあります。ターイ族の女性は長い巻きスカートにシルバーの留め具のついた上着を着用し、黒ターイ族は「パイ」と呼ばれるインディゴ染めのヘッドカフを身につけます。

ターイ族の女性は伝統的に優れた機織の技術を持っており、彼女たちが色彩豊かなストールや雑貨を作ることで村の経済は豊かに変化しています。

42商品