アジアに暮らす少数民族の手仕事を次世代に継承する

ネパールの女性支援団体-WSDO

WSDO

WSDO(Women's Skills Development Organization)は、1975年にネパールの女性グループが立ち上げた歴史ある「フェアトレード」団体です。

ネパールは世界でも有数の貧しい国として知られていますが、WSDOでは教育を受けることのできない女性や、障害を持つ女性、家庭で虐待を受けている女性、未亡人…など、弱い立場に置かれている女性を保護し、自立するための技術訓練を行なっています。

WSDOの製品は、原材料である「綿」にもフェアトレードの物を使用し、染色から縫製までを全て手作業で作られています。一つ一つの色味や寸法が微妙に違うのも、機械による画一的な製品が当たり前になった今日においては、なんだか懐かしく、そして優しい気持ちにさせてくれます。

因みに、ゆいゆい堂で販売している「コインケース」には手織布の端切れが使用されています。女性にも地球にも優しい…WSDOはそんな生産者です。

110商品

110商品中 1 - 48表示